西日本豪雨ボランティア活動報告

日程:2019/1/29(土)
時間:2019/1/29(土)7:00出発 2018/1/30(日)18時解散
場所:岡山県倉敷市真備町

2018年7月7日 岡山県真備町は豪雨による川の氾濫から水害被害が発生しました。
そして、51人の命が奪われました
あれから、半年以上の月日が経ちましたが、復興が進んでない状況を目の当たりにしました。
道路の土砂は片付けられましたが、家は全く手つかずのものが多い印象でした。

今回、我々がボランティアで訪れた民家は、古民家で取り壊しをせず再建するとのことでした。
家の中は、砂だらけでとても住める環境ではなく、水害の被害がどれ程大きかったかを物語ってるようでした。
2日間の短い期間で、できることは限られていて掃除をしたり片づけたりをすることが精一杯でした。
ほんの少しの作業でしたが、持主の方からとても喜ばれて清々しい気分でした。
我々の他にも、多くのボランティアの方が滞在しており、その一員になれたことが大変喜ばしいことでした。

今後も、弊社は災害地区を周りボランティアに参加することで、少しでも被災地の役に立てればと考えています。
今回は、参加できなかった地域の皆様にもご協力して頂けたら幸いです。
がんばろう真備町!